« 風雲児(東京都渋谷区) 得製らーめん(大盛り) | トップページ | 麺家宝(東京都田無市) つけ麺(中盛)+お宝 »

2008年7月14日 (月)

らーめん雫(東京都福生市) 鶏と魚介の雫+味つけ玉子

 店は福生駅から近いが繁華街からは外れており少々分かりにくい。
静かな隠れ家的な店である。
初訪問するときは店の位置を下調べしておいた方がいいだろう。

 訪問したのは土曜日の夕方5時半。
有名店ではあるが先客はいない。
私のすぐ後に女性の方がひとりで入店してきた。
お洒落な店構えであるため女性ひとりでも入りやすいようだ。
「券売機」という効率的ではあるが無粋なものは,この店にはない。

 店内のおしながきを見ると,基本的なメニューは「鶏と魚介の雫」のひとつでけである。
メニューを絞ってより丁寧なものを作ろうという方針なのであろう。
気合の入れ方が半端でない。

 ちなみに,この店のメニューは曜日ごとに変わる。
火,木,土は,魚介鶏骨醤油の「鶏と魚介の雫」,水,金は,塩鶏骨の「鶏の雫」である。
魚介鶏骨醤油の「鶏と魚介の雫」の方が珍しいような気がするが,うんちく書きによると,「鶏の雫」は非常に濃厚だそうで個性が強いそうである。

 「鶏と魚介の雫」と,おすすめの「味つけ玉子」を注文する。

 ご主人の仕事ぶりを観察する。
流れるような所作は,まるで茶道の家元のようである。
特に,まな板を布巾で拭う所作がカッコいい。

Imgp1101a

 麺は太い平打ちの縮れ麺。
スープは乳化して濁っており,魚介の風味,特に,海老の香りが漂ってくる。

 トッピングは,メンマ,鶏チャーシュー,万能ネギ,それから,追加した味玉。
万能ネギは,根元の白い部位と先端の青い部分とで刻み方が違う。
ネギの切り方ひとつにまでこだわりがある。

 麺は,モッチリとした歯ごたえでいい茹で加減である。
麺の縮れとスープのとろみのおかげで,麺とスープとがよく絡む。

 スープは見かけどおり濃厚でクリィミィである。
豚骨ではなく鶏骨であるせいか,濃厚な獣系スープにありがちな臭みはない。
海老の風味が強いせいか,濃厚なクリィミィなスープが,だんだん,「海老味噌」のように感じてくる。
海老好きには,たまらないだろう。

 残念ながら私の稚拙な文章では,ご主人の丁寧な仕事ぶりをうまく表現することはできない。
知りたければ,実食するしかない。
百聞は一見に如かずである。

 最後に,気が付いたが,この店には,「お洒落な店構え」「クリィミィなスープ」「ヘルシー」と女性に人気な要素が豊富である。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 らーめん雫

[住所]
 東京都福生市大字福生

[アクセス]
 JR青梅線「福生駅」西口,福生第一小学校の東側

[訪問日]
 2008/07

[参考HP]

[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 らーめん雫
 http://ramendb.supleks.jp/shop/2235
 お店の地図,営業時間,メニューなどが参考になります。

|

« 風雲児(東京都渋谷区) 得製らーめん(大盛り) | トップページ | 麺家宝(東京都田無市) つけ麺(中盛)+お宝 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/22277793

この記事へのトラックバック一覧です: らーめん雫(東京都福生市) 鶏と魚介の雫+味つけ玉子:

« 風雲児(東京都渋谷区) 得製らーめん(大盛り) | トップページ | 麺家宝(東京都田無市) つけ麺(中盛)+お宝 »