« 東池袋大勝軒 節の一分(神奈川県相模原市) にんにくつけ麺 | トップページ | 風雲児(東京都渋谷区) 得製つけ麺(大盛り) »

2008年6月10日 (火)

づゅる麺池田(東京都目黒区) 味玉つけ麺(大盛り)

 この店の夜の部の開店時間は18:00である。
開店10分前に到着するが,店はまだ開店準備中であり,平日のせいか行列もない。
一人で行列するのも変なので,しばらく目黒の街を歩く。

 昔ながらのアーケードのある商店街には多くのラーメン店が軒を連ねている。
そういえば,前回,目黒を訪問したときにも同じことを書いている。

 蒙古タンメン中本 目黒店 北極の超
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_76a1.html

このときも,この店の前を通り過ぎているが,このときは全くノーマークであった。

 18:00を少し過ぎたころに店に戻ると,店内のカウンター席の半ばが埋まっている。
そして,店の外には行列を誘導するための看板が置かれている。
やはり人気店であり,行列に並ばずに入店できるのは幸運である。

 店の前に置かれた券売機で「味玉つけ麺」の食券を購入する。
店内の空いているカウンター席に座り,店員さんに食券を渡す。

 「無料で大盛りできますよ。」

とのことだが,初訪問の店なので念のため量を聞いてみる。
大盛りは350g(だったと思う)であり,常識的な量である。
毎度のことながら貧乏症も手伝って大盛りでお願いする。

 店を切り盛りするのはイケ麺3人。
店内にはツナ缶のような魚の匂いが漂う。

Imgp0920a

 麺は少し縮れた黄色い中太麺。
麺には角がなく丸い。
写真からは,はち切れんばかりのプリプリ感が感じられる。
並外れた麺の弾力のせいで,麺と麺とがお互いに弾きあって麺が盛り上がっている。

 麺の丼には,追加した味玉と,レモンが添えられる。
レモンが添えられるのは珍しい。
「甘」「辛」「酸」の「酸」の役まわりなのだろう。

Imgp0917a

 つけ汁は,乳化して濁っている。
一見,「豚骨魚介」のようだが,「鶏ガラ魚介」なのだそうだ。
つけ汁の中には,キャベツ,ネギ,メンマ,細切りチャーシューが入っている。

 つけ汁は,魚介系が強い。
節系の香ばしさや苦味はなく,どちらかといえば煮魚のダシのような印象である。
砂糖の甘みや酢の酸味はない。

 麺はとにかくコシがすごい。
単に硬めに茹でられているだけではない。
麺の密度が高く,筋肉質である。
麺の中心から表面まで麺全体が均質に弾力があるという,ありえない麺である。
中太麺であるが,食感はこれよりもずっと太く感じる。
これまでに味わったことのない麺である。

 卓上の魚粉の入った容器を開ける。
 魚粉は「きな粉」のような微粒子になるまで粉砕された珍しいものである。
スプーンに1杯つけ汁に投入する。
魚粉は微粒子になっているので,簡単につけ汁と一体化する。
つけ汁はクリーミィさが増し,さらに,魚粉の香ばしさが加わる。

 次に麺に添えられたレモンをつけ汁に絞ってみる。
焼き魚とレモンとが相性がいいように,魚介系スープとレモンとも相性がいいようである。

 最後にスープ割りして完食。

 とにかく,麺の凄さに圧倒された一杯であった。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 づゅる麺池田

[住所]
 東京都目黒区目黒

[アクセス]
 JR山手線・東急目黒線「目黒駅」から徒歩5分くらい

[訪問日]
 2008/06

[参考HP]

[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 づゅる麺池田
 http://ramendb.supleks.jp/shop/4697
 お店の地図,営業時間,メニューなどが参考になります。

|

« 東池袋大勝軒 節の一分(神奈川県相模原市) にんにくつけ麺 | トップページ | 風雲児(東京都渋谷区) 得製つけ麺(大盛り) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/21533339

この記事へのトラックバック一覧です: づゅる麺池田(東京都目黒区) 味玉つけ麺(大盛り):

« 東池袋大勝軒 節の一分(神奈川県相模原市) にんにくつけ麺 | トップページ | 風雲児(東京都渋谷区) 得製つけ麺(大盛り) »