« めんや蔵(東京都八王子市) 黒味噌ラーメン | トップページ | 東池袋大勝軒 八王子店 チャーシュー麺(大盛) »

2008年6月 4日 (水)

喜奴屋本店(東京都立川市) 中華そば(塩,細麺)

 JR青梅線の中神駅から歩くこと30分。
ピークを少しはずして,店には午後1:30に到着する。
行列はない。

 前回は「つけ麺」を食べたので,今日は「中華そば」にすることに決めていた。
しかし,前回食べた「つけ麺」も捨てがたく,しかも,この店は何度も訪れることはできない。
おおいに迷った挙句,結局,「中華そば(塩)」を注文する。
麺の量は,並盛200gでいいだろう。

 しかし,まだ,すべての悩みが解決した訳ではない。
麺を選択しなければならない。
「太麺」と「細麺」とがある。

 判断しかねるので,店員さんにおすすめを聞いてみる。
店員さんは,少し思案した後,

 「細麺です。」

と答えた。
どちらも甲乙つけがたいようである。

 太麺は前回の「つけ麺」で食べたので,店員さんの言うとおり「細麺」を選ぶ。

Imgp0777a

 並盛であるが丼は大きく,スープがたっぷりと入っている。
他店ならば,大盛りラーメンに使われるくらいの大きさである。
丼がぶ厚いのはスープが冷めないようにするためだろう。

 麺は細麺とはいえ,中太麺と細麺との中間程度。
八王子ラーメンよりは太い。

 トッピングは,味玉,メンマ,梅干,刻みネギ,海苔,チャーシュー,ほうれん草。
海苔の下にある高菜のような物体は,焦がしネギである。
福生店のつけ麺のときよりは量が少なく,焦げ加減は控えめである。
トッピングは,つけ麺とほぼ同じであるが,ほうれん草の有無が大きな違いだろう。

 スープは熱い。
スープのダシは貝系が強く,アサリのお吸い物のような風味を感じる。
干しエビも使っているように思うが,私の味覚では良く分からない。
焦がしネギの「焦げ加減」は丁度いい。
スープがたっぷりなので,うまいスープを思う存分堪能できる。

 ノーマークだったが,味玉はちょうどいい半熟加減。
しかも,タレの味が浸みこんでいて旨い。

 麺の量はつけ麺の半分だが,スープの量が多いので満腹になる。

 「つけ麺」も「中華そば」もどっちも旨い。
 麺を味わいたい気分なら「つけ麺」,スープを味わいたい気分ならば「中華そば」がいいだろう。

 関連記事はこちら。

 喜奴屋 つけ麺(塩)
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_573f.html

 歩くのが面倒な方は,福生駅前の支店にどうぞ。

 喜奴屋 福生店(東京都福生市) つけ麺(塩)
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_1a07.html

-----------------------------------------
データ

[店名]
 喜奴屋

[住所]
 東京都立川市一番町

[アクセス]
 西武拝島線「武蔵砂川駅」「西武立川駅」から徒歩20分
 JR青梅線「中神駅」から徒歩30分

[訪問日]
 2008/05

[参考HP]

[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 喜奴屋
 http://ramendb.supleks.jp/shop/4066
 お店の地図,営業時間,メニューなどが参考になります。

|

« めんや蔵(東京都八王子市) 黒味噌ラーメン | トップページ | 東池袋大勝軒 八王子店 チャーシュー麺(大盛) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/21399185

この記事へのトラックバック一覧です: 喜奴屋本店(東京都立川市) 中華そば(塩,細麺):

« めんや蔵(東京都八王子市) 黒味噌ラーメン | トップページ | 東池袋大勝軒 八王子店 チャーシュー麺(大盛) »