« 東池袋大勝軒 八王子店 期間限定もり野菜(大盛) | トップページ | 喜奴屋 福生店(東京都福生市) 油そば(塩) »

2008年6月 8日 (日)

麺や樽座 明神町店(東京都八王子市) 味噌ラーメン

 店に到着したのは夕方の7時半ごろ。
行列はない。
店に入り,カウンター席につく。
メニューを探すが見当たらない。
たまりかねたご主人は,

 「食券を買ってください。」

と促す。
不覚にも入り口の券売機に気が付かなかった。
入り口の券売機へ戻って味噌ラーメンの食券を買い,ご主人に渡す。

 樽座は小宮にも店があるが,この明神町の店が1号店である。
ただし,元々この店を切り盛りしていたご主人は小宮店に移ったようである。

 店の床の板には,大きな丸い凹みがある。
これがこの店の名前の由来である「樽」の跡,つまり「樽座」だそうだ。

 厨房の中から「ジリジリ」という音が聞こえてくる。
チャーシューの表面をガスバーナーで炙ったときに肉の表面が焦げる音のようだ。

 鞄の中から先日書店で買った文庫本を取り出し,栞のページを開いて続きを読む。
そこには,今から100年ほど前の労働者の凄惨な毎日と,労働者から搾取する狡猾な資本家の様が書かれている。
程度の差こそあれ,やっていることは今と大して変わりがない。

Imgp0795a

 表面には赤い油が浮いているがラー油ではなくエビ油である。
スープ自体は白味噌の乳白色をしている。

 トッピングは,モヤシ,ネギ,炙りチャーシュー。
ネギの山の後ろには,メンマが隠れている。
スープには少し挽肉が溶けている。
この挽肉がスープのコクをより引き出している。

 麺は黄色い中太麺で,茹で加減は少し硬めである。

 とにかく,炙りチャーシューが絶品である。
ガスバーナーで炙ることでチャーシューの表面がカリッと香ばしくなるのは勿論,チャーシューが温まることで肉の旨み成分が活性化して旨みがいっそう引き立つ。
タレもよく浸み込んでいる。

 どうでもいいが,先程まで読んでいた文庫本は「蟹工船」である。
今日は甲殻類に縁がある。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 麺や樽座

[住所]
 東京都八王子市明神町

[アクセス]
 JR中央線「八王子駅」から徒歩10分くらい。
 京王線「京王八王子駅」から徒歩5分くらい。

[訪問日]
 2008/05

[参考HP]

[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 http://ramendb.supleks.jp/shop/2422
 お店の地図,営業時間などが参考になります。

|

« 東池袋大勝軒 八王子店 期間限定もり野菜(大盛) | トップページ | 喜奴屋 福生店(東京都福生市) 油そば(塩) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/21506462

この記事へのトラックバック一覧です: 麺や樽座 明神町店(東京都八王子市) 味噌ラーメン:

» 【格差】鐔〳ŔÊゥ屐璽爐半儵咾茲靴里蝓♣鐐莽瀬屐璽爐篭瓩わ州…団塊ジュニア(=氷河期世代)の左傾化を危惧する声も★2 [【究極の宗教】Physical Mankindism【PM】 by Humitaka Holii (堀井文隆)]
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1212935675/ [続きを読む]

受信: 2008年6月10日 (火) 15時04分

« 東池袋大勝軒 八王子店 期間限定もり野菜(大盛) | トップページ | 喜奴屋 福生店(東京都福生市) 油そば(塩) »