« ぼんくららーめん(東京都日野市) ねぎごっつ | トップページ | 支那そばや 新横浜ラーメン博物館店 醤油らぁ麺 »

2008年5月20日 (火)

大王亭(東京都日野市) マーボーらーめん

 ラーメンは,いろいろな料理と相性がいいようである。

 塩ラーメンに野菜炒めをのせると「タンメン」。 
 少々強引だが,餃子をのせれば「ワンタン麺」。
 ラーメンと味噌汁の中日合作である「味噌ラーメン」。
 インド人だけでなく中国人もビックラポンの「カレーラーメン」。

 最近では「うにバターラーメン」にも遭遇した。

 はる太郎(東京都八王子市) うにバターラーメン
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_0803.html

 大昔の話ではあるが,カレーラーメンに「とんかつ」をのせた「かつカレーラーメン」というメニューに遭遇したこともある。

 何でものせればいいというものではないが,ラーメンに何か別の料理を組み合わせれば,とりあえず,なにか新しいメニューが出来上がるようである。
この店の場合,ラーメンに中華丼の餡をのせた「大王ラーメン」や,「大王ラーメン」のつけ麺バージョンである「大王つけめん」が,代表的な発明品である。
そして,中華の人気メニューである麻婆豆腐とラーメンとが合体すると,こういうことになる。

Imgp0664a

 ニンニクと唐辛子と豆板醤の香ばしい香りといっしょに,麺の上に沸々と煮えたぎった麻婆豆腐が盛られた丼が登場する。
私の周囲のお客さんの多くが,この香りに釣られたに違いない。
次回訪問時に「マーボーらーめん」を注文するお客さんは少なくないだろう。

 麻婆豆腐の上には山椒がふりかけられており,風味をピリリと引き締める。
唐辛子や山椒などの香辛料が多めであるので,辛口の部類である。
多分,「四川風」だと思う。

 本格的な作りの麻婆豆腐であり,単品の麻婆豆腐とご飯でもおいしそうである。
ちなみに,「麻婆豆腐定食」というメニューもある。

 忘れていたが,麺は黄色くて透明な中太のストレート麺であり,スープは鶏ガラの中華スープである。

 さて,他店の話であるが,蒙古タンメン中本の「蒙古タンメン」を試しに分解してみると,ラーメン,辛味噌,野菜炒め,麻婆豆腐とから出来上がっているようである。
凡人には思いつかない組み合わせである。

 これまでに食べたメニューはこちら。

 大王つけめんと餃子
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_2f30.html

 たんめん
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_e107.html

-----------------------------------------
データ

[店名]
 大王亭

[住所]
 東京都日野市多摩平

[アクセス]
 JR中央線豊田駅北口から徒歩1分
 北口を出て線路沿い東京方面に。下り坂の途中。

[訪問日]
 2008/04/23

[参考HP]

[1] 大王亭
 http://www.c-fis.com/toyoda-ns/2cyoume/daiou/top.htm

 お店の地図,営業時間,メニューなどが掲載されています。

[2] 蒙古タンメン中本の道
 http://nakamoto.in/

 蒙古タンメンの写真が見られます。

|

« ぼんくららーめん(東京都日野市) ねぎごっつ | トップページ | 支那そばや 新横浜ラーメン博物館店 醤油らぁ麺 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/21044620

この記事へのトラックバック一覧です: 大王亭(東京都日野市) マーボーらーめん:

« ぼんくららーめん(東京都日野市) ねぎごっつ | トップページ | 支那そばや 新横浜ラーメン博物館店 醤油らぁ麺 »