« 東池袋大勝軒 八王子店 特製もりそば(店舗移転のおしらせ) | トップページ | 毘沙門天 鶏そば »

2008年4月14日 (月)

麺処くるり みそらぁめん

 店の前に到着したのは,土曜日の午後5時過ぎである。
店が空いている時間を狙ったつもりだが,店の前には約10人の行列ができている。
有名店の行列は,途絶えることがないようである。

 ・・・

 行列に並んでから30分ほどで店内に入る。
いつのまにやら私の後ろには10人を超える行列ができている。
券売機で「みそらぁめん」の食券を購入する。

 店はやや手狭ではあるが,内装は明るく,女性一人でも入りやすそうだ。
しかも,店を切り盛りするのは3人の「イケ麺」である。

 カウンター席について券売機のメニューをもう一度眺めていると・・・。
「大盛りみそらぁめん」は,レギュラーサイズと同じ値段である。
どうやら,大盛りはサービスのようである。
腹がへっていたら大盛りもいいかもしれない。

Imgp0631_2

 スープは白味噌が主なのか白っぽい色をしており,どういうわけか表面が泡立っている。
トッピングは,白髪ネギ,ニラ,モヤシ,チャーシューである。
白髪ネギにはラー油(?)がかけられている。

 スープを一口すすってみる。
スープはドロリとしており,スープに溶け込んだ素材が舌の上でザラリと感じる。
白味噌と豚骨とがいっしょになってクリーミーである。
こう書くと,濃厚でこってりとしたスープのようであるが,しつこさはなくあっさりとしている。
スープのとろみの正体は,恐らく,豚骨と香味野菜ではないかと思う。
 ごたごた書いたが,私の味覚や知識はいいかげんである。
話半分で読んだ方がいい。
 
 さて,丼の中から麺を箸ですくい上げてみる。
麺は太めの平打ち麺で,やや硬めに茹でられている。 
平打ち麺だけに,スープとの絡みは抜群である。

 この店は,ドロドロのスープが有名である。
確かにスープもよかったが,予想以上にうまかったのは,チャーシューである。
チャーシューの表面はこんがりと焼かれており,この香ばしさがいい。

 食後には,食前酒を入れる小さなグラスに入ったジャスミンティーがサービスでついてくる。
女性に評判がよさそうなサービスである。

 ・・・

 さて,私の隣には,1組のカップルが座っている。
彼氏は「味玉みそらぁめん」,彼女は「みそらぁめん」である。
この状況では「丼交換」はなさそうである。

 「丼交換」の詳細はこちらを参照。
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_0172.html

「味玉みそらぁめん」には,味玉を半分にカットしたものが2個入っている。
そして,彼氏は,自分の丼の中に入っている味玉のひとつを彼女の丼に入れた。
そして,一言。

 「これでいっしょだね。」

-----------------------------------------
データ

[店名]
 麺処くるり

[住所]
 東京都新宿区市谷

[アクセス]
 JR・有楽町線・南北線・都営新宿線「市ヶ谷駅」から堀の北側を御茶ノ水方面に徒歩10分ほど

[訪問日]
 2008/04/12

[参考HP]
[1] 麺処くるり
 http://www.a1.i-friends.st/index.php?in=kururi0307

[2] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 麺処くるり
 http://ramendb.supleks.jp/shop/103

 お店の地図が参考になります。

|

« 東池袋大勝軒 八王子店 特製もりそば(店舗移転のおしらせ) | トップページ | 毘沙門天 鶏そば »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/20213777

この記事へのトラックバック一覧です: 麺処くるり みそらぁめん:

« 東池袋大勝軒 八王子店 特製もりそば(店舗移転のおしらせ) | トップページ | 毘沙門天 鶏そば »