« はる太郎 特製つけ麺+味玉 | トップページ | 二葉 天沼店 ラーメン »

2008年1月18日 (金)

春木屋 新横浜ラーメン博物館店 中華そば

 中華そば 750円

 ※新横浜ラーメン博物館の入場料(大人300円)が別途必要

 ラーメン博物館には,全部で8件のラーメン店がある。
はしごするにしても一度に食べることができるのはせいぜい3杯。
3杯目はさすがに満腹になってくるので100%味わうことは不可能である。
私の定番コースでは,春木屋は「シメ」の3杯目である。

 ご存知のとおり,ラーメン博物館には全国の有名店が出店している。
ラーメン博物館のラーメン店はときどき入れ替えがあるので,地方の店は卒業してしまう前に食いだめしておかないと次はいつ食べられるか分からない。
いわば,期間限定(長期ではあるが)メニューと同じようなものである。
このため,どうしても,通常訪問しにくい地方の店を優先してしまう。
 一方,春木屋はラーメン博物館だけでなくJR中央線の荻窪駅前や吉祥寺駅前にも支店があるので普段から比較的訪問しやすい。
だから,どうしても優先順位が下がってしまうのである。
ただし,いつも安心して3杯目の役を任せられるのは,並外れた実力があるからではあるが。

 今回は春木屋の味を確認するために,ひさしぶりに「1杯目」に訪問してみた。

Imgp0315

 見るからに「昔ながらの中華そば」である。
トッピングは,チャーシュー,ネギ,メンマ,のりとオーソドックスである。
しかし,本当にうまいラーメンに華やかなトッピングは不要であり,むしろ邪魔ですらある。
そういった意味では妥当である。

 麺はやや太めの縮れ麺。
表面は柔らかめであるが中心に芯が一本通っており,独特の茹で加減である。

 特筆すべきはスープである。
まず,煮干などの魚介の香りが食欲をそそる。
表面には油の膜がはっており,一見こってりしているようであるが,スープ本体があっさりしているのでしつこさはない。
むしろ,コクを出すのに役立っている。
一口すすってみると,魚介系のしっかりとしたダシの旨みが口の中に広がる。
昆布のダシ(と思う)も良く出ており,まろやかな旨みを醸し出している。
どこか懐かしく親しみやすい味ではあるが,上品な味である。

 オーソドックスなラーメンであるが丁寧に作られており,恐ろしく完成度の高いラーメンである。
多くの方々が想像する「おいしい中華そば」に近い味ではないだろうか?
長い年月をかけたからこそ出すことができる老舗の味である。

 ラーメン博物館内に置いてあるパンフレットやHPにもラーメンの解説や薀蓄は紹介されている。
私の味覚では危なっかしいので,そちらも参考にされたい。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 春木屋 新横浜ラーメン博物館店

[住所]
 神奈川県横浜市

[アクセス]
 新横浜駅から徒歩約5分

[訪問日]
 2008/01/17

[参考HP]

[1] 新横浜ラーメン博物館
 http://www.raumen.co.jp/home/
 

|

« はる太郎 特製つけ麺+味玉 | トップページ | 二葉 天沼店 ラーメン »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/9942984

この記事へのトラックバック一覧です: 春木屋 新横浜ラーメン博物館店 中華そば:

» ラーメン [ラーメン]
異国の地で恋しくなる食べ物の一つ、「ラーメン」。 こってりラーメンや、あっさりラーメン。 とんこつ、味噌、しょうゆ、塩・・・ 書いてるだけで、よだれが出てきそう カナダに住んでいる友人が日本へ旅行に行き、そのお土産で、 ...... [続きを読む]

受信: 2008年1月18日 (金) 03時13分

« はる太郎 特製つけ麺+味玉 | トップページ | 二葉 天沼店 ラーメン »