« 春木屋 新横浜ラーメン博物館店 中華そば | トップページ | 北の大草原 四谷店 香り味噌ラーメン »

2008年1月20日 (日)

二葉 天沼店 ラーメン

 ラーメン 700円

 二葉は荻窪駅前に2つの店舗がある。
教会通り沿いの「天沼店」,それから,新しく出店した「上荻店」である。
どちらへ行っても初訪問であるが,今回は「天沼店」に向かう。
ちなみに,2つの店舗でメニューが異なり,味も微妙に変えているようである。

 荻窪駅の北口から教会通りの入り口を探す。
荻窪の街は何年ぶりだろうか?
記憶を思い起こしながら,青梅街道を西へ少し歩くと,交通量の多い4車線の道路の向こう側に教会通りの入り口を示す看板を発見する。
教会通りは歩行者専用の小さな通りだが,そこをゆく人は多い。
道なりに進むと,注意していないと見過ごしてしまいそうな小さなラーメン店を右手側に発見する。
有名店とはいえ,このような目立たない店が多いのがラーメン店の特徴でもある。

 店は小さい。
しかし,店内のカウンター席は,できるかぎり不自由がないように工夫して作られている。
ピークの時間帯を避けたのが幸いし,先客は2名だけで,行列なしでありつくことができた。
 初訪問なので,この店の基本的な味を確認すべく,最もシンプルな「ラーメン」を注文する。

Imgp0349

 トッピングは,チャーシュー,メンマ,なると,ネギとシンプルである。
唯一特徴的なのは,柚子くらいである。
ただし,あえて奇をてらう必要はない。
豪華なトッピングだけが特徴のラーメンはすぐに飽きる。

 麺は中太のストレート麺。
茹で加減は芯が一本残ったアルデンテでちょうどいい。

 スープはわずかに濁っており,どうやら少しだけ豚骨が入っているようである。
しかし,これは間違いのようである。
このことは,後で書く。

 スープを一口すすると,まず,煮干系独特のクセのある風味を強く感じる。
煮干系好きにはたまらない。
続いて,節系の味が後をひく。
魚介系が強いスープである。
 わずかにブレンドされた豚骨系スープのクリィミィさが醤油の持つカドをまろやかにしており,全体的に優しい味に仕上がっている。
繰り返すが,これも間違いだったようである。

 さて,自宅に帰り,この記事の作成のために,二葉の公式HPを調べていたが・・・
スープのまろやかさの理由は,豚骨スープがブレンドされていると思っていたが,どうやら,「ジャガイモ」のようである。
また,スープ表面の油は「エビ油」だったようである。
「エビ油」には全く気がつかなかった。

 私の味覚のいいかげんさを再認識したわけである。
もっとも,味覚がどうであれ,うまければそれでいいのだが。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 二葉 天沼店

[住所]
 東京都杉並区

[アクセス]
 JR荻窪駅北口から徒歩約5分
 教会通り沿い

[訪問日]
 2008/01/19

[参考HP]

[1] ラーメン専門店 二葉 OFFICIAL WEB
 http://ogikubo-futaba.com/

[2] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 二葉 天沼店
 http://ramendb.supleks.jp/shop/2545

|

« 春木屋 新横浜ラーメン博物館店 中華そば | トップページ | 北の大草原 四谷店 香り味噌ラーメン »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/9974381

この記事へのトラックバック一覧です: 二葉 天沼店 ラーメン:

« 春木屋 新横浜ラーメン博物館店 中華そば | トップページ | 北の大草原 四谷店 香り味噌ラーメン »