« 中華そば吾衛門 中華そば | トップページ | 弘富 ラーメン »

2007年12月23日 (日)

大勝軒 八王子店 期間限定もりそば魚(大盛)

 期間限定もりそば魚,大盛 780円 + 150円

 この店の入り口には,期間限定メニューの予定を書いたホワイトボードが掲げられている。
そして,そのホワイトボードには,お客さんの要望を書くコーナーがある。
2007年夏に期間限定もりそば魚が登場して以来,

 「魚復活希望」

 「魚をレギュラーメニューにしてください。」

などの意見を少なからず目にしてきた。
そして,ついに,私と多くの八王子市民の願いが天,でなく,店主さんに届いたようである。
期間限定だが魚復活である。

 訪問は,18:30近く。
夜限定の極太麺と期間限定メニューが品切れになるかならないかの危険な時間である。
自動販売機のランプに目をやると,期間限定のボタンに「売切」の赤いランプは点灯していない。
どうやら間に合ったようである。
 せっかくの魚なので,大盛にする。
店員さんから,

 「麺の量大丈夫ですか?」

と聞かれる。
大盛りの場合,麺は800gあるそうである。
もちろん承知の上である。

 席につくと,私の後からも次々とお客さんが訪れる。
そのうち,店主さんから店員さんに

 「太麺終了」「期間限定終了」

と指示がとぶ。
やはり,ぎりぎりだったようである。
品切れ間際の大盛は,ひんしゅくだっただろうか?

 店内には,2人づれの女性客がいた。
ふと,そちらに目をやると,お互いの丼を交換しはじめた。
丼交換は,カップル(アベックともいうらしい)だけのものではないらしい。
カップルの丼交換はイラッとするが,女性同士の丼交換ならばOKだろう。

 カップルの丼交換はこちら。
 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_0172.html

 どうこうしているうちに,魚介の香りが漂うつけダレと極太麺が盛られたずしりと重い丼が運ばれてきた。

Imgp0254

 まず,つけダレの表面を観察すると,のり,ネギ,魚粉が見える。
のりはやや大振りであり,実は,味付けのりである。
写真だけを見ると,シンプルであえるが,つけダレの中には,味玉,ナルト,メンマ,チャーシューが沈んでおり,見た目以上に具沢山である。
チャーシューは,細切りであり,脂が少ない部位を使用している。
 通常のもりそばとの具の違いは,下記である。

・ゆで卵→味玉に変更。
・のりが大振りであり,焼きのり→味付けのりに変更。枚数も1枚→3枚に増量。
・チャーシューがスライス→細切りに変更。

 具の内容ば,前回のもりそば魚(以下,2007年夏バージョン)と同じと思われる。

 2007年夏バージョンはこちら。

 http://komodo-dragon.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_ddc7.html

 つけダレの色は,2007年夏バージョンよりも赤みがかかっており,濃い色をしている。
醤油が強く,濃厚そうである。

Imgp0255

 麺は夜の部のもりそば専用の極太麺。
例によって,うどん並みの太さがある。
通常,この太麺は昼の部には提供されないが,もりそば魚の場合は,昼の部でも太麺である。
 大盛の丼は,通常,ラーメンを盛り付けるために使用する丼と同じ位の大きさがある。
この丼に,極太麺がすりきりいっぱい盛られている様子は,すさまじい迫力である。
 また,大盛の場合,つけダレの器が通常のものと若干異なる。
麺の量にあわせて,つけダレも大盛なのだろうか?

 まずは,つけダレを一口。二口。
「魚」だけに魚介系のダシが強い。
カツオも煮干も両方とも強いようである。
 タレには通常のもりそばのような甘酸っぱさはなく,醤油味が前面に出ており,そのままでは塩辛い。
また,甘酸っぱさがない分だけ,一味唐辛子の辛味が強く感じる。
「魚,2007年夏モデル」と比べると,スープの味付けが濃い目であり,濃度も濃い目である。
このつけダレは,最後にスープ割りをした方がよさそうである。

 つづいて,つけダレに麺を浸してひとすすり。
 麺はコシがあって食べ応えがあり,また,表面がツルツルしているので口当たりがよい。
そういえば,この麺には,角がなく丸い。
麺には,形容し難い独特の風味がある。
この風味は,好き嫌いが分かれるかもしれない。
 つけダレ単独では塩辛いが,これを極太麺とあわせると,ちょうどよい塩加減になる。
このつけダレには,極太麺でなければならない。
 私の記憶が確かならば,この店の極太麺は,昔,期間限定もりそば魚が初登場したときに,同時にデビューした。
その後,期間限定もりそば魚が終了した後,いつのころからか,夜の部限定のレギュラーメニューになった経緯がある。
つけダレの方も是非,レギュラーメニュー化していただきたいものである。
ただし,このつけダレは,見た目はシンプルであるが,相当に手の込んだ作り方をしているそうなので,レギュラーメニューにするのは難しいようである。
 のりに「味付けのり」を使っている点が珍しい。
恐らく,塩味が強いつけダレなので,味付けのりの甘みで味に変化をつけているのだろう。

 大盛ではあったが,大盛であることを感じることなく,麺の方はすんなりと完食。
続いて,スープ割りである。
スープで割ると,醤油ダレの味が後退し,その分だけ,魚介系のダシの味が前面に出てきてまた違った味になる。
良質なダシの味を存分に味わうことができる。

 さて,隣の席に目をやると,麺を完食できなかった男性客と,既に麺を完食し終わった男性客とが丼交換をはじめた。
男性同士の丼交換は・・・。
ノーコメントである。

 この日の翌日にまた食べたくなったので,2日連続で訪問してしまった。
期間限定だけに,「食いだめ」せねばなるまい。
冬眠前のクマと同じ理屈である。

 次の期間限定メニューは,1/25から「味噌もり」である。
 年末年始は,12/26~1/3の間,休みだそうである。(詳細は,お店に確認してください。)

-----------------------------------------
データ

[店名]
 大勝軒 八王子店

[住所]
 東京都八王子市

[アクセス]
 JR中央線八王子駅北口から徒歩5分

[訪問日]
 2007/12/21

[参考HP]

[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 東池袋大勝軒 八王子店
 http://ramendb.supleks.jp/shop/3827

 お店の地図が参考になります。

[2] さやぴぃの麺日記
 http://blog.goo.ne.jp/sayapie3838_ramen

 07年12月21日(金) 「東池袋大勝軒 八王子店」さんの 期間限定「もりそば(魚)」
 http://blog.goo.ne.jp/sayapie3838_ramen/e/61793475465b04a66ff78b1e53907511

|

« 中華そば吾衛門 中華そば | トップページ | 弘富 ラーメン »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/9527752

この記事へのトラックバック一覧です: 大勝軒 八王子店 期間限定もりそば魚(大盛):

« 中華そば吾衛門 中華そば | トップページ | 弘富 ラーメン »