« 大勝軒 八王子店 期間限定もり野菜 | トップページ | 大勝軒(名古屋市地下鉄本山駅前) つけめん »

2007年11月20日 (火)

中華そば専門 一麺 ラーメン

 ラーメン 550円

 昼の時間帯にこの店の前を通ってもそこにラーメン店があることに気が付く人は多くはない。
この店のシャッターは夕刻にようやく半開きになる。
半開きのシャッターからもれる蛍光灯の明かりを見てそこにラーメン店があることに気が付く人は多いだろうが,実際に食べたことがある人はどれだけいるのだろうか。
開店は夜の8:30。
この店は,「出来上がった」オヤジたちが多く集う店である。
そんな店のラーメンを味わうべく「しらふ」で訪問する。

 店内には,数人のオヤジたちが,瓶ビールのコップを傾けながら,「会社がどうのこうの」「○○さんのやり方がどうのこうの」と饒舌に語りあっている。
すでに出来上がっている。

 さて,「ラーメン」を注文する。
「中華そば専門」だが,メニューは,なぜか「ラーメン」である。
どうでもいい話ではあるが。

Imgp0066

 写真を見てのとおり,典型的な八王子系のラーメンである。
「八王子ラーメン」でなく,「八王子系ラーメン」である。

 今日は細部に粘着気味だが,別に,嫌なことがあったわけではない。
単なる偶然である。

 八王子市民ならば常識であるが,八王子系の大きな特徴は,

・刻みたまねぎ
・細麺
・醤油味のスープ

である。

 刻みたまねぎ以外のトッピングは,チャーシュー,メンマ,のり。
写真を見て気が付いたが,たまねぎは,すりおろしたものと刻んだものとがブレンドされているようである。
チャーシューは,タン塩のような不思議な食感である。
 スープは,表面のラードのせいで,醤油味にしてはこってりしている部類に入るのだろう。
ただし,スープ自体は脂分が多くないので,後味はすっきりしている。
スープは,甘口である。
甘みの原因は,ラードか? たまねぎか?
私の味覚はあまりあてにならないが,どこか牛丼のつゆのような風味が感じられるので,牛骨か牛肉の類が使われているのかもしれない。
どこかの掲示板の書き込みに他店のラーメンを評して「スープの表面のラードがまるでバターのような風味でうまい云々」とあったが,まさにそれである。
 八王子系ラーメン店に行くとよく分かるが,客の多くは,白髪ネギがたっぷりと載った「ネギラーメン」を注文している。
このため,白髪ネギの辛味とのバランスをとってスープをやや甘口に設計することで,ネギラーメンに最適化しているのかもしれない。

-----------------------------------------
データ

[店名]
 中華そば専門 一麺

[住所]
 東京都八王子市

[アクセス]
 JR八王駅北口から徒歩約5分

[訪問日]
 2007/11/13

[参考HP]

[1] ラーメンデータベース
 http://ramendb.supleks.jp/

 中華そば専門 一麺
 http://ramendb.supleks.jp/shop/4229

 お店の地図,営業時間,メニューなどが参考になります。

|

« 大勝軒 八王子店 期間限定もり野菜 | トップページ | 大勝軒(名古屋市地下鉄本山駅前) つけめん »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435290/9016295

この記事へのトラックバック一覧です: 中華そば専門 一麺 ラーメン:

« 大勝軒 八王子店 期間限定もり野菜 | トップページ | 大勝軒(名古屋市地下鉄本山駅前) つけめん »